お問い合わせ

お問い合わせフォーム

お名前、フリガナ、メールアドレスをご入力いただき、お問い合わせ内容を明記の上、 「確認」ボタンを押して下さい。

※ クレジットカード以外の決済方法(銀行振込等)でご入会をご希望される方はその旨明記ください。

※ 「必須」マークのある項目は必ずご入力ください。

よくあるご質問

人生の最期に、家族はもちろんだが、親しい友人にもメッセージを伝えたい…

言伝屋では、ご家族向けに1通、ご家族以外の宛先向けに1通の計2通を登録できます。 (年次更新で毎年1通ずつ、システム側で自動的に宛先を増やしていきます)
添付ファイルはご家族向けの宛先にのみ有効となります。また、ご家族以外の宛先を 「親友」や「元配偶者」などの方宛に設定頂く以外に、息子さん、娘さん宛に登録することも可能です。
※注意:お客様が宛先を登録した以降、 連絡先情報(携帯電話番号・メールアドレス) などが変更になる場合や、 メール受信を 拒否をされている場合は、お届けできない場合もありますので、 新機能「日時予約送信」で、ご家族、ご友人宛てに、予め迷惑メールフィルターのテストをし、 フィルターに掛かるようであればドメイン指定受信(@kotosuteya.com)を設定いただく様にご依頼ください。


本当に私が死んだあと、間違いなく家族にメッセージは届くのでしょうか?

入会時に会員カードを発行し郵送します。郵送先はご自宅もしくはご指定の住所に発送いたします。 この会員カードは、ご家族の方がご覧になり、当サービスの内容や連絡先が分かるようになっています。 万が一の時には、この会員カードを確認いただくよう家族に周知しておくことが大切です。 そして会員様の死後、生前にお客様が登録した会員情報と、家族もしくは葬儀社の方から 届出いただく火葬許可証(方法は会員カードに印刷されておりますQRコードの死亡届け 専用ページでの画像送付)とを照合し、 確認が取れれば言伝作業が開始され、メッセージをお届けいたします。
この方法により生前に、ご家族にメッセージ内容が見られてしまう心配はありません。
※パソコン等でログインした状態のまま放置された場合はこの限りではありません。


もう一つの宛先にメッセージが送られたことを家族は知るのでしょうか?

守秘義務がございますので、ご家族の方にもう一つの宛先に会員様が送られたメッセージを 開示することは一切ございません。
※ただし会員様の当サービスをご利用中またはお亡くなりになった後、 言伝屋システムに第三者がログインして内容を閲覧してしまった場合は、 弊社の守秘義務の範囲外となりますことを予めご了承ください。
尚、火葬許可証による死亡確認が取れ、言伝サービスが実行された後は、 第三者によるログインが行われても、会員様がご登録された内容を見ることはできません。


いつ死ぬか分からないが、本当に10年後、20年後でもメッセージを伝えてくれるのですか?

言伝屋は、お客様より月額会費を頂いての運営をしておりますので、広告宣伝費に頼らない 堅牢運営を目指しております。また、運営会社である株式会社エスカコーポレーション を中心に、 株式会社パソナ、パナソニック株式会社のグループ企業と協力、連携し、 10人の専門家が長期にわたり安定してサービスを提供し続けられる体制を組んでおります。
※万が一、株式会社エスカコーポレーションでの運営に支障が生じた場合も、関連企業への完全業務移管をスムーズに実施し、サービス継続が出来る仕組みを構築中です。


日時予約送信で予約したメッセージは、自分が亡くなった後はどうなるのか?

新機能「日時予約送信(フライングメッセージ)で、予約されたメッセージは、 会員様の死後も有効にしました。
もしも余命宣告を受けた時でも、 個々の将来の大切な日(お子様の二十歳の誕生日など)にメッセージを予約送信いただければ、 システムが自動的にその日にお届け致します。


財産分与についてもメッセージを遺したいのだが…

当サービスは、財産分与などの相続に関した法的拘束力のある遺言をお預かりすることは できません。仮にメッセージを遺されても効力がございませんので予めご了承ください。 遺言書の作成に関してお困りの場合は、お近くの弁護士会主催の相談会をご利用ください。
※遺産相続について、法的遺言書が存在しない場合、言伝屋のメッセージ欄の財産分与指定が 優先されるケースがありますが、相続を受ける者達が仲良く相続を受ける場合に限ります。 相続に対して相続人の一人でも異議を唱える者が居る場合は言伝屋に記載の内容は 無効になり、法律で定める相続になります。


どのような内容でも伝えてもらえるのでしょうか?

言伝の内容は火葬許可証との照合がとれた場合に初めて運営側で確認します。 その際に公序良俗に反する言葉、財産分与などの法的拘束力が必要な言葉が 含まれる場合には、ご入力頂いた通りにお言伝出来ない場合があります。 あらかじめご了承ください。
例)
NGのケース/ 財産分与については、長男には土地家屋、長女には現預金と株券…等々の具体的な財産分与に関する記述。
OKのケース/ 財産分与については別途遺言書にて定めるものとする…の様な記述。


終活に関する様々なサービス

終活に関しては様々なサービスが存在します。遺言の作成相談会や、遺言の作成サービスをご利用いただければご家族の争いを防ぐことが出来ます。
また、実際にお亡くなりになった後、遺言の執行については下記の様なNPO法人のサービスをご利用下さい。


https://www.npoti.net/
遺言作成支援サービス
遺言執行人としてご協力頂けます