言伝屋とは?

私たちの想い

言伝屋に込めた想い

もしも、人生最期の瞬間がやってきたら

大切な人へどんな言葉を残すのだろう?

もしも、最後の最後、一言伝えるチャンスがもらえるなら

私は何を伝えるのだろう?

家族の背中を押せる言葉を言えるのだろうか?

生きている間に伝えたい言葉を

亡き後、伝わって欲しい言葉を

言伝屋に綴ってください

人生の最期に後悔なきよう

5月初旬 メッセージ日時予約送信機能搭載

言伝屋に込めた想い

サービスの特徴

1. 伝えたい言葉を

言伝屋の文字通り、言葉を伝えるサービスです。
伝えたい日に伝えたい言葉を(メッセージの日時予約送信機能)
もしもの時に伝わって欲しい言葉を 私たち『言伝屋』にお預けください。


2. 特許を取得した真心の伝言サービスです

会員様の死後に伝わっていく、心のこもったメッセージを取扱う、 ビジネスモデル特許(※特許第5988469号)を取得したサービスです。


3. 伝えたい人ごとに、伝える言葉を変えられます

大切な人の定義は、その方のライフスタイルによって変わります。 配偶者:お子様たちへ・ご両親といったご家族へのメッセージと、 ご友人・先輩・後輩などのご家族以外のもう一つの宛先と、2種類をご用意しました。


4. 月額100円の低額から続けられる終活です

無料のサービスがたくさんある中で、敢えて有料としたのは、無料にはいずれ限界が 来ると考えるからです。未来永劫限りなく継続することが必須のサービスですから、 会員様からの会費で成立することが最大条件であると判断しました。 (プランと料金はこちら


5. お亡くなりになってからも

会員様にもしもの事があり、当社の言伝サービスが実行された場合、 自動的に退会処理を実行しますが、生前にお預かりした日時予約送信のメッセージは、 ご指定通り送信を継続させていただきます。


サービスの特徴

サービスの流れ

1. 言伝屋への入会

お客様の基本情報や決済情報、家族へのメッセージ登録を
していただきます。( プランと料金はこちら
【入会金500円(初月月額会費含む)】
銀行振込をご希望の方はお問い合わせください


2. 言伝屋入会の周知

登録時に会員カードを1枚お送りします。 (送り先住所は自宅以外も設定可)
会員カードは配偶者の方にお渡しされても、 ご自分で保管されてもどちらでも良いかと思いますが、 言伝屋というサービスに入会されたことをご家族に周知するには お渡しいただく方が良いかもしれません。


3. サービス開始

【月額100円でサービスを開始・継続いたします】
伝えたい日に伝えたいメッセージがある方は、予約送信機能をどんどんご利用ください。
もしもの事があった場合のメッセージには添付ファイルを3つ迄登録出来るようになりました。
画像・音声・動画ファイルを添付いただけます。メッセージも添付ファイルも何度でも変更は可能。


お客様の突然の不幸

4. 家族から言伝屋への連絡

言伝屋の死亡届専用ページを使い、火葬許可証の画像を送付いただきます。 なお、死亡届専用ページのURLは、会員カードにQRコードとして印刷しております。 (葬儀会社の方に会員カードを渡してお手伝いいただくことも可能です)


5. 登録情報と火葬許可証の照合

言伝屋にて、お客様の登録情報と火葬許可証情報の照合をいたします。


6. ご家族の方にお客様のメッセージをお言伝

最初に電話でご連絡し、お客様の言葉(メッセージ)を伝えます。 次にメール、もしくはファックスにてメッセージを伝えます。


7. 一つの宛先(ご家族以外)へのお言伝

家族以外のもう一つの宛先は、電話によるお言伝か、メールでのメッセージ送信かの どちらか一方を選択いただきます。お客様がご指定された方法で もう一つの宛先にご連絡いたします。


8. 退会

言伝の作業が完了しましたら、当方で退会処理を行います。これ以降の課金はありません。